49歳にして「GOAT」 K.スレイターの偉業をアリ、ブレイディらと比較

ケリー・スレイターが2月11日で49歳の誕生日を迎えた。いまだ現役を続けるサーフィン界のレジェンドは、これまで11度の世界タイトルを手にし、頂点まで登りつめた最年少と最年長の記録を保持している。30年の競技人生を通じて55回のチャンピオンシップツアー(CT)勝利を誇るスレイターは、文字通り世界中で勝利を収めている。 GOAT(Greatest Of All Time、史上最高選手)に敬意を表して、 […]

CT4戦目は豪ニューキャッスルで開催 WSLが発表

ニューキャッスル、ニューサウスウェールズ州/オーストラリア(2021年2月6日) ワールドサーフリーグ(WSL)は、チャンピオンシップツアー(CT)の次のレグのためにオーストラリアに戻ってくる。WSLはチャーター便で上陸し、検疫をシドニーで受けることをニューサウスウェールズ州政府から承認され、4月1日からスタートするオーストラリアレグ4つ目のイベントに、ニューサウスウェールズ州のニューキャッスルで […]

一般社団法人サーフィン・ジャパン・インターナショナル 法人設立のお知らせ

この度、一般社団法人サーフィン・ジャパン・インターナショナル(東京都品川区、代表理事:近江俊哉)を設立しましたのでお知らせいたします。当法人は、A WAY TO THE WORLDをモットーに、ハイレベルでエンターテインメント性を持った質の高い国際大会開催を目指し、国内におけるWSL関連の各種大会及びイベントが円滑に運営されるようワールドサーフリーグ・アジア-パシフィック(WSL APAC)と連携 […]

【重要なお知らせ】WSL ASIA2021年度のリージョナルQSおよび、ジュニア QSのメンバー登録と、CSとWJCへの出場権について

WSL ASIA2021年度のリージョナル(QS)および、ジュニア(JR) QSのメンバー登録と、チャレンジャーシリーズ(CS)とワールドジュニアチャンプオンシップ(WJC)への出場権についての重要なトピックスをお知らせします。 新型コロナウィルス感染症拡大の世界的蔓延によって全世界が渡航制限する影響によって、WSLは2021年度に各国、各地域にて限定したQS大会を行う計画です。 WSLメンバーの […]

WSLについて

About World Surf League “WSL”   世界最高峰のプロツアーCT(Championship Tour)と、その予選リーグにあたるCS(Challenger Series)とQS(Qualify Series)を運営する、WORLD SURF LEAGUEに出場するためのメンバーシップ登録方法について解説します。SURFING JAPAN […]

WSLメンバーシップ登録方法

世界最高峰のプロツアーCT(Championship Tour)と、その予選リーグにあたるCS(Challenger Series)とQS(Qualify Series)を運営する、WORLD SURF LEAGUEに出場するためのメンバーシップ登録方法について解説します。SURFING JAPAN INTERNATIONALでは、A WAY TO THE WORLDをモットーに、ハイレベルでエン […]

WSL出場に関するガイドライン

Asia Regional QS and Junior アジア地域QSおよびジュニアへの重要なお知らせ   2021年のWSLメンバーシップは、いつからどのように登録をする必要がありますか? -2021 WSLメンバーシップ登録は、従来通りMemberpro(メンバープロシステム)からの登録が必要です。(従来の2019年までのようなWSL JAPAN事務局からの日本語での対応はなくなりま […]

CT2戦目サンセット・オープン中止、2月のCT3戦目は延期へ

ハワイ州が更なる情報があるまで全てのサーフィン大会を中断した結果に基づき、チャンピオンシップツアー(CT)2戦目のサンセット・オープン(2021年1月19日から28日まで予定)およびビッグウェーブ・ジョーズ・チャンピオンシップ・ペアヒが、中止となった。 また、ワールドサーフリーグ(WSL)は、2月2日から12日に予定されていたCTのサンタクルズ・プロを延期することも決定した。CTのアメリカレグの最 […]

CT開幕戦、T.ライトが女子初のバンザイパイプライン優勝 男子はJ.J.・フローレンスが悲願のパイプマスターに

バンザイパイプライン、ハワイ州オアフ島/アメリカ(2020年12月20日) タイラー・ライト(オーストラリア)は、ワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)開幕戦のマウイ・プロで優勝した。オアフ島のノースショアにある伝説的なバンザイパイプラインで開催された女子初のイベントで、初代ウィナーとなった。また、男子CT開幕戦のビラボン・パイプマスターは、ジョン・ジョン・フローレンス(ハ […]

メンズCT開幕戦が再開、中断中の女子も男子と同会場で初開催へ

バンザイパイプライン、ハワイ州オアフ島/アメリカ(2020年12月17日) ワールドサーフリーグ(WSL)は、中断していたメンズの2021年チャンピオンシップツアー(CT)開幕戦のビラボン・パイプマスターを再開した。また、男子同様に中断していた女子CT開幕戦オアフ・プロも12月20日までの待機期間中にバンザイパイプラインで残りのヒートを行うことも発表された。 WSLのエリク・ローガン最高経営責任者 […]