TAG

WSL

WSLファイナル制したG.メディーナ、3度目のタイトルに「最も大きなゴール」

現地14日、米国カリフォルニア州のロウア―トレッスルで開催されたWSLファイナルは、ガブリエル・メディーナ(ブラジル)とカリッサ・ムーア(ハワイ)の優勝で幕を閉じた。3度目の世界王者となったメディーナは、トム・カレン、アンディ・アイアン、ミック・ファニングといったレジェンドに肩を並べた。 今季のメディーナは自身のキャリアで最高のスタートを切った。男子チャンピオンシップツアー(CT)開幕から3戦連続 […]

5度目の世界女王に輝いたC.ムーア、「これ以上のことは望めない!」

現地14日、米国カリフォルニア州のロウア―トレッスルで開催されたWSLファイナルは、ガブリエル・メディーナ(ブラジル)とカリッサ・ムーア(ハワイ)の優勝で幕を閉じた。5度目のタイトルとなったムーアは、これで東京五輪の金メダルと合わせて2冠達成となった。 今季のワールドサーフリーグ(WSL)ランキング1位と五輪金メダリストの称号を携えて史上初のイベントに挑んだムーア。2019年の世界王者は自身初の連 […]

G.メディーナが3度目の世界王者! 5度目女王のC.ムーアは五輪と“2冠”達成

ワールドサーフリーグ(WSL)は現地14日、米国カリフォルニア州のロウアートレッスルで今シーズンから新設されたWSLファイナルを開催した。5日間のウェイティング期間を経てようやくスタートした史上初のワンデイ決戦は、コンディションが4~6フィート(約122~183センチ)と十分なサイズの中で行われ、男子はガブリエル・メディーナ、女子はカリッサ・ムーアが優勝。メディーナは3度目、ムーアは5度目の世界チ […]

WSLファイナルの出場者が決定! 男女ランキングトップ5に出場権

ワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)は現地13日、第7戦コロナ・オープン・メキシコが終了。先日に第8戦のタヒチ・プロの中止が発表されたため、これで今季のレギュラーシーズンが終わり、同9月9日からカリフォルニア州サンクレメンテのロウア―トレッセルズで行われるWSLファイナルの出場者が決定した。 今季から新設されたWSLファイナルに出場できるのは男女ともにランキング上位5人。 […]

オーストラリア勢がアベックV コロナ・オープン・メキシコ

ワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)第7戦、コロナ・オープン・メキシコの最終日がメキシコのオアハカで開催された。男女ともに決勝が行われ、男子がジャック・ロビンソン、女子はステファニー・ギルモアが制覇し、オーストラリア勢がアベック優勝を飾った。 この日は男女ともにセミファイナルから行われ、男子でベスト4には残ったのは、ロビンソン、マテウス・ハーディ(ブラジル)、デイビッド・ […]

五十嵐は3回戦で敗退、準々決勝で金メダリスト対世界王者11度のレジェンド対決 コロナ・オープン・メキシコ

ワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)第7戦、コロナ・オープン・メキシコの2日目がメキシコのオアハカで現地11日に開催された。東京五輪銀メダリストの五十嵐カノアは、エリミネーションラウンドを勝ち上がるも、次のラウンド32で敗れて姿を消した。 五十嵐は、敗者復活ラウンドでピーターソン・クリサント(ブラジル)、ディエゴ・カデナ(メキシコ)と争い2位通過でラウンド32へ進出。しか […]

五十嵐がラウンド32へ進出、東京五輪メダリストは順当勝ち コロナ・オープン・メキシコ

ワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)第7戦、コロナ・オープン・メキシコが現地10日、メキシコのオアハカで開幕。東京五輪銀メダリストの五十嵐カノアは、初日の1回戦ヒート1で3位となりエリミネーションラウンドに回ると、同11日に行われた敗者復活戦ではヒート1で2位となりラウンド32へ駒を進めた。 東京五輪では、決勝でイタロー・フェレイラに敗れるも、タフなコンディションの中アグ […]

歴史的金メダル1号はI.フェレイラとC.ムーア CTサーファーが東京五輪に感動

東京五輪のサーフィン競技が千葉県一宮町の釣ヶ崎海岸(志田下ポイント)で25日から3日間にわたって行われ、男子ではブラジル代表のイタロー・フェレイラが、女子ではアメリカ代表のカリッサ・ムーアがそれぞれ金メダルに輝いた。また、日本代表の五十嵐カノアが銀メダル、都筑有夢路も銅メダルを手にして日本のファンに感動を与えた。大会は台風8号の接近が影響して厳しいコンディションとなったが、東京五輪から採用された新 […]

女子の馬庭彩が快挙! ジュニアツアーで初優勝

オークベリー・ツイードコースト・プロ・ジュニアが、オーストラリアのニューサウスウェールズ州キングスクリフで19日から20日の2日間にわたって行われ、女子の馬庭彩が優勝する快挙を達成した。 イベントを通じて際立っていた。馬庭は初日に最高スコアの計15.50をマークすると、2日目もこの調子を維持。大会の舞台となったカバリタで初めてのサーフィンだったが臆することなく、決勝では0.35ポイント差以内に3人 […]

五十嵐が今季自己最高位の3位、都筑は17位 CT第6戦サーフランチ・プロ

ワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)第6戦、サーフランチ・プロのファイナルが現地20日、カリフォルニア州リムーアのサーフランチで行われた。東京五輪前の最後のCTとなる本イベントは、男子がフェリペ・トレド(ブラジル)、女子はジョアン・ディフェイ(フランス)がそれぞれ優勝した。なお、東京五輪日本代表の五十嵐カノアは、今季自己最高位となる3位でフィニッシュした。 予選ラウンドを […]